中学受験について 求人の多い塾

3月 26, 2015 by admin
娘二人、中学受験をさせました。地元の公立の中学校がとても荒れていたため、なんとしてでも受かってほしかったです。中学受験をさせる親御さんは皆さんそういった理由みたいでした。

長女も次女も、同じ塾に通わせていましたが、やはり姉妹といえども頭のよさは違うもので、長女はすんなりと第一志望の某進学校に合格でした。当時、生徒さんの求人が多く、大勢の中で団体指導でしたが、長女には合っていたようでした。競争率もありますし、闘争心もあったんだと思います。一方次女の時は倍ほどのお金がかかりました。もともと中学受験に興味がなく、地元の公立に行きたかったのかもしれません。でもイジメなんかを考えると絶対に私立に入れたかったです。次女は団体指導は向いていなく、団体の授業以外に個別指導を受けさせていました。次女の時は塾講師の求人が物凄く多くて、入っては辞めてしまう講師の先生が多かったので少し心配でした。でも講師のバイトの先生方って、お若いので生徒と友達感覚で授業ができて良かったのかな?と思います。親としては心配でしたが次女は楽しそうでした。講師の先生とお話した時、受験シーズン前は講師の求人、多いみたいです。私がもし受験生の親となるときがあれば、塾の求人広告をみて決めてしまうかもしれません。辞めては、入ってではやはり親としては心配です。結果次女も第一志望に入学ができ、楽しそうな学生生活を送ってます。

Sorry, the comment form is closed at this time.