求人広告がきっかけで中学受験に挑戦

3月 26, 2015 by admin

2016年に早大学院中学部合格を目指して社会の勉強をしている娘の中学受験は、旦那が持ち帰った1枚の塾講師の転職求人広告からスタートしました。旦那は、日頃から通勤で利用している駅で様々な広告を受け取り、持ち帰っていました。いつものように、その広告を片付けようとした時に、求人案内と共に、県下最難関とされている中学校を筆頭に多数の難関中学受験の合格を高確率で導いている塾の情報が掲載されている広告に釘付けになりました。翌日、塾に電話で問い合わせると、見学・体験講座を紹介され、試しに行ってみる事にしました。

着実に学力向上

娘は、転職サイトの求人情報広告の文言に圧倒され、不安を抱いて塾を見学しましたが、学校とは異なり、少人数制のためにアットホームな環境で個々が自由に意見や質問でき、型にはまる事のないユニークな講師達による授業風景に好感をもったようでした。しかし、遊びたい盛りの娘が、色々な我慢・忍耐を乗り越え、中学受験合格のために通い続けられるかどうか、不安がありました。それでも、勉強の面白さに目覚めた娘は、受験勉強が辛いという弱音を吐く事や逃げ出そうとする事はなく、感心しました。

私の思いつきでスタートしたような中学受験の対策でしたが、娘自身がもっと自分を高めたいと熱心に勉強し、着実に学力向上した結果、地域の難関女子中学校の合格を成し遂げました。

Sorry, the comment form is closed at this time.